子供の英語学習について

子供の英語教育とは?英語教育の種類と諸外国の事例を徹底解析!

ママ
子供に英語を習わせたいけど、どの方法が一番いいのかしら

パパ
色々ありすぎちゃって、選べないよね

みなさんは、子供に英語教育を施しておられますでしょうか。

実際に子供に英語教育を施したいけれども、どうすれば効果的に学ばせることができるのか悩まれている方も少なくないのではないでしょうか。
また、2020年から新学習指導要領に基づいて小学校での英語教育も実施されています。このように、英語に関する私たちを取り巻く環境は変化しており、より一層英語の重要性が増していると言えます。

本記事では、様々な英語教育の種類と諸外国の事例をまとめていますので、どんな英語教育があるのか悩まれている方は是非とも参考にしてください。

この記事の最後には、英語教育の種類ごとの比較表があるよ
コン先生

英語教育の種類

子供に英語教育を施す手段は様々です。昔とは違い、IT関連の技術革新などもあり英語教育も多種多様な様相を呈しています。
ここでは、様々な英語教育の種類についてご紹介したいと思います。

英会話教室

英会話教室では、英語での会話を学びます。
講師の方も外国人の方が多く、英会話教室は誰もがネイティブスピーカーとしっかり会話することができますので、より実践的な英語に触れることができます。

英語教室

英語教室では、英語の文法を学びます。
文章として英語を理解しますので、学校のテストや英検などで実践的に役に立てることができます。

アプリ

スマホやタブレットなどに、様々な種類のものをインストールすることができます。特に英語の勉強をするのに繰り返し知識の確認ができるアプリはとても便利であると言えるでしょう。

インタースクール

日本に在住する外国籍の児童のための教育施設(幼稚園・小学校・中学校・高校)として設立、発展してきたと言われています。学校教育法に定める学校ではなく、各種学校に分類されています。
ほとんどの授業が英語で行われることから、日本にいながら外国の学校に通っているような環境に子供を置くことができます。

留学

海外の大学や高校に進学する正規留学だけではなく、英語力を身につけることを主な目的とする語学留学などもあります。英語圏で実際に生活することにより、英語力は格段に養われることとなるでしょう。

外国での英語教育

日本での英語教育とはどのようなものか想像しやすいと思います。しかし、外国ではどのような英語教育が行われているのでしょうか。
ここでは、外国で行われている英語教育についてご紹介したいと思います。

韓国の場合

日本と比べると、英語教育が進んでいると言われています。ほとんどの子供が5歳くらいから英語を始めるとのことです。
学校の授業はリーディングとスピーキングに分かれており、昔ではリーディングをとても重視していましたが、最近の傾向ではスピーキングにも力を入れています。
スピーキングでは、ネイティブの先生が発音の練習をしてくれます。リーディングでは文法に力を入れ、教科書はほとんど丸暗記するそうです。学校だけでなく英語塾に通う人も多く、英語に関する関心は日本よりも高いと言えるでしょう。
韓国が英語を習得することに対して熱心なのは力を入れているのは、就職に直結するからです。大手企業や公務員などの就職先へと応募するためには、TOEIC900点を要求されることもあるようです。

インドネシアの場合

インドネシアは日本と違い多言語国家です。従って、日常生活においても色々な言語が使われています。公用語がインドネシア語となっており、英語からきた単語がたくさんあります。そのような背景がありますので、たくさんの英単語を自然に使える環境にあるようです。
日本では文法偏重の教育がよく問題になりますが、インドネシアでは文法軽視の問題があるようです。インドネシアの子供たちは3歳から英語教育がスタートします。そのことから、英語教育にはとても力が入れられていると言えます。また、就職活動のときも英語を話せることが最低限のスタートラインとなつていますので、日本よりも英語を重要視されていると言えるでしょう。

まとめ

上述したように、日本でも英語教育を施すための選択肢はたくさんあります。また、諸外国と日本の英語教育の違いについてもご理解頂けたのではないでしょうか。
最後に、英語教育の種類ごとに比較表を掲載したいと思います。
教育方針やライフスタイルに合わせた英語教育を選んでみてはいかがでしょうか。

時間 場所 予算 効果 総評
英会話教室
限定的

限定的

ある程度の予算が必要

期待できる
時間や場所が限定的であり、
ある程度の予算も必要となるが、
講師に教えてもらえることから
成果は期待できる。
英語教室
限定的

限定的

ある程度の予算が必要

期待できる
時間や場所が限定的であり、
ある程度の予算も必要となるが、
講師に教えてもらえることから
成果は期待できる。
アプリ
自由度が高い

自由度が高い

無料のものもあり

あまり期待できない
時間や場所は選ぶことがなく、
予算も抑えられるが、自らの学習意欲が
高くないと成果が出ない可能性あり。
インタースクール
限定的

限定的
×
通常の学校よりも高額

非常に期待できる
公立学校と比べると予算が高くなるが、
様々な場面において英語と触れ合える
環境であるため、成果は期待できる
留学 ×
一定期間の束縛
×
海外
×
多額の費用が必要

非常に期待できる
英語で生活を送る環境が構築できるため、
大きな成果が期待できる。
しかし、予算と時間を大きく割く要がある。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-子供の英語学習について

© 2022 こども英語教育ナビ