子供の英語学習について

子供の習い事に英語を入れたい!メリット&デメリットを紹介

ママ
小学校から英語の授業が始まるけど、その前から習わせるべき?
パパ
小さな頃から英語をはじめると将来に何か役立つの?

近年、日本の英語教育は少しずつ進歩し、2020年には小学校での英語教育が「必修化」し、英語教育スタートの年齢が低くなってきました。

今までの日本の英語教育は主に「教科書」から習う「文法」&「英単語」などが中心でしたが、これからはグローバル社会でも困ることなく勉強、就職ができるようにするために、すぐに現場で活用できる「英会話」が取り入れられています。

親世代の私たちの時代にはなかった科目「英語」が必修化されると、子供が小学校へ就学する前から英語に興味を持ってもらいたい、ベースを作ってあげたい、先取りしたいなどさまざまな理由から英語の塾や英会話教室などの習い事を考えるご両親が増えています。

数多くのお稽古事がある中でも、スポーツでは水泳、語学では英語が常にトップに位置していますが、それだけ子供達に英語を習わせたいと思うご両親が多い証拠ですね。
しかしながら、英語教育のみならず、習い事にはメリットだけではなく、デメリットもつきものです。

この記事では、「小学校から英語の授業が始まるけど、その前から習わせるべき?」、「小さな頃から英語をはじめると将来に何か役立つ?」と悩んでいるお父さん、お母さんに、義務教育前に英語教育を行うことのメリット&デメリット交えながら、筆者自らの経験を含めてご紹介します。

英語を習うことのメリットはとても大きいよ!
コン先生

習い事に英語を入れたいメリット&デメリット

小さなうちから習うことで発音が綺麗になる

日本人の英語に対するコンプレックスの一つに、リスニングや発音がネイティブには通じないということがあります。これは、学校での英語授業が、文法&英文読解に重点を置いているためです。
そのため、小さなうちからネイティブの発音に耳を慣らしておけば、このようなコンプレックスが生まれることもないです。
実際、海外の方と英語で話すときに通用する、役立つ英語力を身につけるには、小さなうちからネイティブの発音に耳を慣らす(インプット)することが大切ということがわかります。

筆者の家庭では、片方の親がネイティブの英語を話すため、子供達には、生まれた時からネイティブの英語で耳を慣らせてきました。その結果、話し始める時には、すでに発音はネイティブになり、10代後半から留学した私の発音では子供達には通じないことも多々あるようになりました。

日本語と英語がミックスしてしまう可能性

小さな頃から英語を習わせることでほとんどのお子さんの母国語である「日本語」と英語をミックスしてしまったり、日本語習得が遅れてしまうのではないかという心配するご両親もいます。
母国語もままならないうちから外国語<英語>を習わせることに抵抗ある方もいますが、日本に住んでいる限り、日本語は必ず身につき、集団生活をはじめると一気に語句も増えてきます。
筆者のまわりでも、国際結婚された方で子供をバイリンガルに育てている方の多くが、お父さんの母国語またはお母さんの母国語を家庭内で使うため、同じ年齢の日本人のご家庭にいるお子さんより、幼少期は単語が少ないことを心配されていますが、成長ととも問題なく日本語の単語も増えています。

英語を学ぶ場所の選び方

とにかく英語が話せるようになってほしい

とにかく、ネイティブの話すような英語を子供にも話させたい人や、日本人が特に苦手とする発音の「R」&「L」を問題なく発音できるようにさせたいなど、英語をネイティブの発音で習わせたいというご両親には、「ネイティブが教える英会話教室」がおすすめです。日本語を母国語とする人でも留学していたなどで英語を話す人も多くいますが、ネイティブにしたければ英語のネイティブに習うことをおすすめします。
実体験から、自分の発音に自信がないときは、英語のアプリで発音を聞かせる、また、英語のテレビを見せるなど、無理に自分で発音を教えようとしないことも大事です。

将来の受験を見据えた英語教育をしたい

近年では、英検など検定試験を受ける年齢が年々下がってきていますが、英検などの検定を持っていることで、その先の中学受験、高校受験などが有利になることが増えてきました。まだまだ就学前のお子さんには、中学受験、高校受験は先の話と思いがちですが、実は早くから英語をしっかりと習うことで基礎ができ、英検などの検定も小さな年齢から受けることが可能となり、実際に中学受験用の塾に行っても、他の教科に力を入れることができます。英検などを見据えた英語教育をさせたい方には、ネイティブの開く英語教室では会話中心になってしまうため、いわゆる「塾」と言われている英語教室を選ぶことをおすすめします。

英会話教室とインターナショナルスクールの違い

英語を学ぶ英会話教室

日本語を母国語とする私たちが英語を学ぶ場所といえば、英会話教室がまず頭に浮かびますね。個人的に自宅などで開いている英会話教室をはじめ、全国チェーンになっている英会話教室まで、さまざまな英会話教室があります。

個人教室の場合、授業の内容・クオリティは教室ごとに変わってきます全国チェーンはテキストやマニュアルがしっかり作られているので、一定以上のクオリティは保たれており、ネイティブ講師がいることが多くあります。

英語で学ぶインターナショナルスクール

近年、インターナショナルスクールと名の付くプリスクールが増えてきています。日本全国にさまざまなプリスクールがありますが、もともとのインターナショナルスクールとは、日本に赴任している外国人のお子さんの学びの場として設立されているため、学校内の授業、面談などは全て英語になっています。そのため、英語ができないと入学してからが大変になってしまいますが、子供の脳はスポンジのように吸収するため、何も英語が話せなくてもその環境にいれることで自然と覚えていくため、入学時に英語力を問われることが少ないプリスクールに入園させる方も増えてきています。

プリスクールに通わせる時に注意したいことの一つに、小学校受験を考えている場合は、特に注意が必要です。首都圏などで「お受験校」と言われている老舗小学校などでは、日本の幼稚園、保育園を卒園していることを条件にしている学校もあります。年々そのようなことは緩和されてきていますが、小学校のお受験を考えいる場合は、先に下調べをすることをおすすめします。
また、中学受験も同じく、インターナショナルスクール小を卒業の場合、義務教育を修了していないとみなされるため、受験資格を得られない場合もあります。

習い事だけで終わらせない英語教育

習い事で習ってきたことのおさらい

せっかく英語塾、英会話教室などに通い始めても、その場だけではすぐに忘れてしまいますね。そのため、帰宅してからご両親の協力も子供さんの英語力アップには欠かせないです。習い事で教わってきたことをお子さんに話してもらい、褒めてあげることも大事です。

自宅でもやりたい英語教育

他人任せのみではせっかく習っている英語も伸びず勿体ないため、ご自宅でも英語教育をすることが大切です。お持ちの携帯電話、iPad などのタブレットで簡単に無料で視聴できるYouTube、テレビの英語番組など、1日30分でも英語を耳にインプットすることは、簡単に英語教育をご自宅でできるツールの一つです。

 

英語が話せると増える将来の選択肢

日本語では得られない海外の情報収集

日本に住んでいてもインターネットの普及により今では世界中のニュースをオンタイムで聞くことができるようになりましたが、海外発信のニュースのほとんどが英語、またはその国の言葉になっています。また、日本では放送されていない海外のニュースなども英語を理解できるようになれば、他の人以上に情報を得ることも可能になります。

ニュースなどに限らず、筆者の子供達は、英語がネイティブに話せることから、オンラインゲームなども楽しく海外の子供達とプレイしています。

進学先の幅が広がるメリット

英語が話せるように、また、理解できるようになることで、将来の進学先の選択肢が増えます。これは、単に語学留学、または海外の大学への進学のみならず、バレエ、音楽などを専攻する人にも海外で本場のバレエ、音楽などを学べるチャンスにも繋がります。

その先の就職にも、英語は有利なことは間違いないですね。近年では、英語は話せて当たり前という企業も多くあります。海外の会社との取引、または外資系企業などでは、英語の文法ができる、英文が書ける人も大事ですが、交渉、営業などには欠かせない「英会話力」があることは、特に求められています。

まとめ

早くから英語を習わせるには、ご両親の意見が一致していないとなかなか難しいです。これは、英語の習い事に限らず、両親が揃えってサポートしてあげられる環境が必要となるからです。

小さなお子さんには、「英語は難しい」という固定観念がなく、純粋に英語を楽しむことができるため、難しい文法などからスタートするより、楽しく英会話を学べる環境を作ってあげることが、英語教育をはじめる「はじめの一歩」と考えています。

大きくなってから習う英語は、「間違っていたら恥ずかしい」、「通じなかったらどうしよう」などと先を考えてしまうため、なかなかアウトプットがしづらくなっていますが、小さなうちにインプットすることで、スラスラと英語が出てくるようになります。

グローバル社会の今、残念ながら日本の英語教育は先進国の中では遅れをとっています。これからの未来を担ぐお子さんたちは、きっと世界を飛び回ってお仕事されることも多くなると思います。
ぜひ、小さなうちから英語教育を、そして異文化に触れ合う機会を作ってあげられるといいですね。

元子ども英会話講師がオススメする子ども英語学習法5選

子供に英語を習わせたいけど、近くに良さそうな塾がないのよね。 パパ遠い場所に通うと、送り迎えもしなくちゃだしね... 英語・英会話は子どもにさせたい習い事ランキングの上位に入っています。ご家庭でも、子 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆうかママ

外国人のパパと高校生、中学生、小学生の子供たちを育てるママです。幼稚園からずっとインターナショナルスクールに通わせている中で英語教育のあり方についてさまざまなことを経験。世界各国のインターナショナルスクールについても興味があり、旅行先では現地のインターにも足を運ぶことも。

-子供の英語学習について

© 2022 こども英語教育ナビ